進化と発展を続ける「日本ワイン」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Very Good Quality -

2018 Fire by Night Swartland
Alheit Vineyards生産者ワインリスト

Fire by Night Swartland

旧約聖書の一節からインスピレーションを得て、名付けられたのがこのキュヴェ(エジプトを出た民が危険な荒野の道を進む中、神自身が雲の柱と火の柱によって人々を導いたというエピソード)。パールドバーグ地区の、風化した花崗岩土壌で栽培されるシュナン・ブラン100%で造られています(植樹は1974〜1980年)。

同じシュナン・ブラン100%で造られるノーティカル・ドーンや、フラッグシップとも言えるカルトロジーとは根本的に異なる表情を持っているのが印象的で、清涼感のあるスッキリとした、いたってシンプルに研ぎ澄まされた世界観が広がります。ソーヴィニヨン・ブラン程の明瞭さはないものの、少しグリーンを感じる爽やかな清涼さが印象的で、それに伴うシトラスと酸、そしてミネラルがシャープでキレのある表層をうまく構築しています。ボディそのものにはしっかりとしたボリューム感があり、十分な果実味を内包していますが、全体的にキレのあるスッキリとした表情でまとめられているということもあり、ノーティカル・ドーンのような豊かな果実味を感じることはありません。全体的に、純粋に味覚に訴えかける要素を減らし、その代わりポテンシャル要素を増加させたような印象でもありますが、そういう意味においては、同等のクオリティでより価格的にも手が出しやすいノーティカル・ドーンの方が、より幅広く支持を得そうな雰囲気でもあります。とはいえ、このファイヤー・バイ・ナイトからガラッと表情が変わるのは確かなので、ハイルクランスマグネティック・ノースなど、より上のキュヴェを見据えた場合は、それらへの橋渡しとして重要な役割を担ってくれそうです。
(2021/05)

参考市場価格7,000円〜7,678円
点数評価94(TA)、93(WS)

ホーム > 南アフリカ > ファイヤー・バイ・ナイト
Home > South Africa > Fire by Night Swartland

Global Partners