進化と発展を続ける「日本ワイン」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2017 Ajimu Sparkling Wine Vintage Rose Merlot Brut
Ajimu Budoushu Koubou生産者ワインリスト

Ajimu Sparkling Wine Vintage Rose Merlot Brut

メルローで造られる安心院スパークリングのロゼ。今回試飲した2017年ヴィンテージは、3年以上もの瓶熟成を経て、2021年の4月15日にようやくリリースを迎えました。

色調は想像よりもかなり濃く、ややアンバーがかったルビーレッド。風味も非常に複雑かつ個性があり、時間をかけてじっくり丁寧に造られていることが素直に伝わります。見た目の色付けと言う意味合いだけで、端的に赤ワインを少量ブレンドしたロゼとは一線を画す内容で、かなりしっかりとスキンコンタクトしたかのような、渋みや苦味等の果皮由来の要素を色濃く感じる傾向にあります(アルコールも12%という数値以上にしっかり感じる)。赤ワインを飲んでるかのような充足感やタンニンも感じられますが、それでも立ち位置としてはやはりスパークリングで、ボディを形成する土台となる部分には、ベリー系のニュアンスや優しい果実味など、親しみやすい要素も十二分に内包しています。

相対的には、同じ安心院スパークリングのシャルドネと、小公子主体で造られる赤の間を埋めるような世界観でもあり、3種類のスパークリングの中では最も熟成期間が長く価格も高価なので、どちらかと言うと気軽に飲むロゼと言うスタンスではなく、安心院スパークリングの世界観をより深めるための最後の砦といった印象かもしれません。とは言え、高価と言っても、泡の本場でもあるシャンパーニュと比較するとそのコストパフォーマンスは非常に高く、加えて品質自体も十分な水準なので、ヨーロッパの泡とは一味異なる「安心院らしさ(テロワール)」と言う点では、非常に興味深い一本だと言えそうです。
(2021/05)

参考市場価格3,979円〜4,003円(平均約3,987円)
点数評価--

ホーム > 日本 > 大分県 > 安心院スパークリングワイン ロゼ
Home > Japan > Oita > Ajimu Sparkling Wine Vintage Rose Merlot Brut

Global Partners