進化と発展を続ける「日本ワイン」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Very Good Quality -

2017 Château Mercian Iwade Koshu Kiiroka Cuveé Ueno Aged in Steel Tank for 15 Months
Château Mercian Katsunuma Winery生産者ワインリスト

Château Mercian Iwade Koshu Kiiroka Cuveé Ueno Aged in Steel Tank for 15 Months

ボルドー大学デュブルデュー研究所とのプロジェクトで造り出した、甲州の隠れたポテンシャルを引き出すこれまでにないワインが「きいろ香」。ワインの最大の特徴でもある「きいろの香り」が誕生するきっかけとなった、「上野園」のシングル・ヴィンヤードから造られる特別なきいろ香がこの「キュヴェ・ウエノ」。しかも、通常のキュヴェ・ウエノの熟成はステンレスタンクで約4ヶ月ですが、ワイナリー限定販売となる今回の特別キュヴェは、なんと1年を超える熟成が行われています。

基本的な世界観や立ち振る舞いは通常のキュヴェ・ウエノとほぼ同じですが、相対的に柑橘系の風味は控えめで、その代わりボディの豊かさと複雑さ、そして果実の表情に見られる仄かな妖艶さが印象的です。純粋な熟成期間の違いによる影響もさることながら、本質的なポテンシャルが一段上といった印象を受けるので、もしかすると、より長い熟成に耐えられるだけのポテンシャルを持ったタンクが選ばれているのかもしれません(ヴィンテージ差の可能性もあるので詳細は不明)。

きいろ香としてのワイン像や、甲州としてのワイン像、そのどちらでもない切り口による新たな可能性を感じるスタイルで、甲州らしいサッパリとした軽やかさの中に、鮮烈な酸とミネラル、そして熟成に耐えるポテンシャルを有した複雑さ、これらが独自の個性として成立している印象で、どことなく米(日本酒)のような要素も感じられる不思議な魅力を有しています。かなり興味深い世界観ではありますが、最大の問題は価格と入手の難しさで、上代自体は通常のキュヴェ・ウエノと500円しか変わらないものの、実売価格では1.5倍程の差が見られる事もあるので、純粋なコストパフォーマンスとしてはかなり分が悪い傾向にあります。なので、コストは完全度外視し、純粋にキュヴェ・ウエノが持つ最大のポテンシャルを体感してみたい人向けという、超ニッチ商品と言えるかもしれません(同時比較さえしなければ、通常のキュヴェ・ウエノでも十分なポテンシャルが感じられます)。
(2021/08)

参考市場価格4,000円
点数評価--

ホーム > 日本 > 山梨県 > シャトー・メルシャン 岩出甲州きいろ香 キュヴェ・ウエノ ステンレスタンク育成15カ月
Home > Japan > Yamanashi > Château Mercian Iwade Koshu Kiiroka Cuveé Ueno Aged in Steel Tank for 15 Months

Global Partners