特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2019 Convallaria
Kunoh Wines生産者ワインリスト

Freesia

京都府相楽郡精華町出身の中野雄揮によるレーベルが「久能ワインズ」。ニュージーランドのネルソン、日本山形県オーストラリアのバロッサ・ヴァレーなど、世界各地からその土地のキャラクターを生かしたワインを生み出しています。

コンヴァラリアのセパージュはピノ・ノワール100%。全体の2/3がclone 5の全房発酵(5日間)、残りの1/3がclone 10/5の除梗で、いずれも野生酵母を使用。オーク樽で10ヶ月間熟成後、無清澄無濾過、酸化防止剤無添加でボトリング。全房発酵比率が高いコンヴァラリアに対して、逆に全房発酵比率が低くなっているのがアリストロメリアになります。

表情にやや果梗的な硬さは見られますが、それでも特別青みを感じるようなことはなく、充足感のある緻密なボディのおかげもあってか、程よく良好なアクセントになっている印象を受けます(今からでも飲めると同時に、ある程度の熟成も可能な雰囲気)。全体的に自然派のワインらしいオフフレーバーが若干感じられ、やや退廃的な酸を内包してはいますが、それでも決してネガティブな印象はなく、むしろ価格帯から想像する以上のしっかりとした構成力を感じます。余韻がスッと収束し、表情そのものもやや陰な傾向にあるので明快なタイプではありませんが(分かりやすいニューワールド的なピノとは一味違う)、じっくりと口中で噛みしめる程に良さが滲み出る傾向にあるので、この世界観については素直に評価したい印象です。

シラーで造られるフリージアが、コストパフォーマンスの面で分が悪い印象を受けたものの、同じ価格でこの構成内容であれば、むしろコンヴァラリアについては高いコストパフォーマンスを発揮してくれそうな印象でもあります。日本人が多く活躍するニュージーランドのワインですが、他とは異なるまた一味違ったタイプの自然派ピノ・ノワールとして、かなり面白い選択肢になるのではないでしょうか。
(2022/01)

参考市場価格3,718円〜4,950円
点数評価--

ホーム > ニュージーランド > コンヴァラリア
Home > New Zealand > Convallaria

Global Partners