特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2019 Koyama Waipara Pinot Noir
Koyama Wines Ltd.生産者ワインリスト

Koyama Waipara Pinot Noir

砂利質土壌の「タソック・テラス・ヴィンヤード」と「ピアソンズ・ヴィンヤード」のブレンドで造られる、コヤマ・ワインズの中では最もお手軽なレンジのピノ・ノワールとなります(熟成はフレンチオーク樽で18ヶ月)。

若いヴィンテージでありながらも、最初の一口目から楽しめるスタイルに仕上がっていて、心地よい赤系果実の素直なピノらしさが好印象です。コアにはピアソンズウィリアムスにも共通する硬さや軋み、そしてタイトな酸など、質実系の要素もしっかりと内包していますが、同時に柔らかく適度に緻密な果実の表情が親しみやすさを明快にし、コヤマ・ワインズの通常ラインに共通する硬い要素を少し柔らかい物腰へと変化させている傾向にあります。

従来のコヤマ・ワインズのイメージよりも親近感ある印象で、華やかな芳香性もかなり高くなっていますが(やや香水的)、それでも全体像としては、熟成に耐えうる資質を兼ね備えながらも、同時に無理なく早くから楽しめる方向へとうまく導いている印象です。最も手軽なレンジのキュヴェとは言え、実際にはピアソンズとほとんど価格差がないので積極的には選びにくいところではありますが、それでも内容としては十分なクオリティを発揮してくれるので、熟成させずにすぐ飲みたいような場合であれば、こちらのワイパラの方がお薦めできそうです。
(2022/01)

参考市場価格4,345円
点数評価--

ホーム > ニュージーランド > コヤマ ワイパラ ピノ・ノワール
Home > New Zealand > Koyama Waipara Pinot Noir

Global Partners