特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2017 Koyama Pearson's Vineyard Pinot Noir
Koyama Wines Ltd.生産者ワインリスト

Koyama Pearson's Vineyard Pinot Noir

石灰質土壌で斜面にある「ウィリアムス・ヴィンヤード」に対して、この「ピアソンズ・ヴィンヤード」は砂利質土壌の平地にある畑(1ha)で、相対的に若いうちから楽しみやすいスタイルに仕上がっています。

タソック・テラスとピアソンズのブレンドで造られるワイパラのような親近感はないものの、それでもボディ内部の緻密さや積層感にはより質実さが感じられ、シングル・ヴィンヤードならではの明確な表情を持つ傾向にあります。ヴィンテージの影響もあるのか、全体的にややコンパクトで酸が前に出ている傾向にあり、ニューワールド然とした分かりやすいスタイルではないものの、それでも果実そのものの資質が良好なので、特別ネガティブな印象を受けることはなさそうです。

抜栓直後はボディの薄さと突出した酸が気になりますが、ものの5〜10分程度でボディの膨らみや果実の甘旨味が感じられるようになり、一気にバランスが良くなっていきます。そこから1時間程度でピークに達する印象ですが、逆に翌日に持ち越すとややバランスが崩れ、再び酸(やや酢酸のニュアンス)が前に出る傾向にあるのが多少気になるところかもしれません。
(2022/01)

参考市場価格4,928円〜5,720円(平均約5,193円)
点数評価--

ホーム > ニュージーランド > コヤマ ピアソンズ・ヴィンヤード ピノ・ノワール
Home > New Zealand > Koyama Pearson's Vineyard Pinot Noir

Global Partners