特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2016 Santa Cruz de Artazu Tinto
Bodegas y Viñedos Artazu, S.A.生産者ワインリスト

Santa Cruz de Artazu Tinto

造り手の「アルタス」は、1996年にリオハのトップワイナリーでもある「アルタディ」が、ナバラ地方の伝統品種であるガルナッチャの可能性を追求するために始めたワイナリー。そしてこの「サンタ・クルス・デ・アルタス」の赤は、樹齢80〜100年のガルナッチャで造られる、アルタスを代表するキュヴェとなります。

全部乗せの中庸道を行くかのようなアルタディらしい世界観は維持しながらも、より質実でポテンシャル系の要素を色濃く反映させた良好な世界観が印象的です。相対的により甘味が強く前面に出る傾向にあったパソス・デ・サン・マルティンとは対照的に、しっかりとしたタンニンや酸によりスポットが当たる傾向にあり、その構成要素をじっくりと味わうことができます。アルコール度数も14.5%と、パソス・デ・サン・マルティンと数値上は同じですが、実際にはこのサンタ・クルス・デ・アルタスの方が一段増した迫力を感じます。翌日に持ち越すと、やや妖艶な要素を纏った果実の甘みが出る傾向にはあるものの、それでも全体像としては上位キュヴェらしい佇まいはキープしているので、価格差を考えるとアルタスの中では最もお薦めしやすいキュヴェと言えるかもしれません。
(2022/03)

参考市場価格5,082円
点数評価93(GP)、92(WS)

ホーム > スペイン > ナバラ > ナバラ > サンタ・クルス・デ・アルタス
Home > Spain > Navarra > Navarra > Santa Cruz de Artazu Tinto

Global Partners