特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

2016 Ried Vom Stein Riesling Smaragd Wachau
Nikolaihof生産者ワインリスト

Ried Vom Stein Riesling Smaragd Wachau

「石の」という意味を持つ畑「フォン・シュタイン」から造られるリースリング。ちなみに「スマラクト」とは、「エメラルド色のトカゲ」という意味を持つ、ヴァッハウに置ける独自の格付けの中でも最高ランクに位置するものとなります。

流石にスマラクトを名乗るだけあり、コアには高密度の果実要素が感じられますが、それでも全体像としては思った以上にスッキリとシンプルに纏まっている傾向にあります。一般的なリースリング系ワインよりも体躯内部が緻密で、硬質感のあるキリッとした輪郭や鮮烈な酸、そして軽石や石灰を感じるミネラル系の要素がストレートに伝わり、その本質的な良質さは十分伝わってきます。

基本的には良好な表情を有しているので、ワインそのものが持つ良質さは具に伝わってきますが、それでもヴィンテージの影響もあるのか、余韻そのものが短めで、全体的に少し小ぶりに纏まっていることもあってか、どうしても小ぢんまりとした印象を受けるのが気になるところではあります。そういう意味では、同じスマラクトのグリューナーの方が遥かにお勧めしやすいのは確かですが、それでも純粋なクオリティとしては十分な水準にはあるので、コストパフォーマンスを気にすることなく上のクラスのリースリングを楽しみたい層にとっては、相応に満足できそうな印象ではあります。
(2022/06)

参考市場価格6,732円
点数評価94(WA)

ホーム > オーストリア > フォン・シュタイン リースリング スマラクト ヴァッハウ
Home > Austria > Ried Vom Stein Riesling Smaragd Wachau

Global Partners