偉大なる王のワイン「バローロ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Very Good Quality -

2017 Topography Sémillon Swartland
David & Nadia生産者ワインリスト

Topography Sémillon Swartland

スワートランドのパーデボシュにある2箇所の畑(土壌は花崗岩)のセミヨンを使用。植樹は1960年と1972年でどちらも仕立てはブッシュヴァイン。天然酵母による発酵後、300リットルのフレンチオークの古樽で熟成されます。生産本数は僅か931本。

全房でスキンコンタクトを7日間行うということもあり、やや黄土色系にシフトした濃い黄金色ですが、一般的なオレンジワインよりも煌びやかな傾向にあります。今までにあまり経験したことのないような独特の個性を持っているのが印象的で、ピノタージュレッドのような南アフリカらしい明確な甘みは感じられず、むしろ超ドライで質実な世界観となっています。

瑞々しくフレッシュですが、内包する要素には酸化熟成系に似たニュアンスも感じられ、同時に貴腐ワインのような濃密さも感じられます。後味にかけてしっかりしたタンニンが全ての要素をグッと引き締めてくれることもあり、切れ味よく自然と飲み進める事が出来ます。どことなく、ジュラのワインやフォラドーリのフォンタナサンタシリーズを彷彿とさせるような表情ではありますが、個性ある世界観ということもあり、基本的にはあまり一般向けではなく、純粋な訴求力もそこまで高いわけではありませんが、それでもナチュラルに体に染み込み、気がついたら飲み干してしまっているかのような、ある種不思議な資質を有しているとも言えます。そういう意味では、ピノタージュと同じように、もう少し手頃な価格だとより有難い印象だったりもします。
(2021/05)

参考市場価格3,480円〜4,180円(平均約3,690円)
点数評価--

ホーム > 南アフリカ > トポグラフィ セミヨン
Home > South Africa > Topography Sémillon Swartland

Global Partners