偉大なる王のワイン「バローロ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2019 Chardonnay Barrel Fermentation
Yamazaki Winery生産者ワインリスト

Chardonnay Barrel Fermentation

樹齢8〜22年のシャルドネを、全房圧搾、樽発酵、樽熟成で仕上げた一本。

黄色味がかったやや薄めな色調ですが、全体像としては特に奇を衒うことのないストレートなシャルドネワインとなっている印象です。樽発酵ということを前面に打ち出していますが、決してリッチな樽香が広がるようなスタイルではなく、スッキリとしたシンプルで瑞々しい仕上がりになっていて、やや生樽気味なニュアンスが感じられるものの、重厚感や骨格を持つようなものではなく、表情は親しみやすい傾向にあり、バッカスピノ・ブラッシュのように気軽に飲める立ち位置となっています。

全体的に酸が強く、他の山﨑ワイナリーの白ワインに共通する桃のニュアンスが仄かにあり、やや酵母感が強めに出ている傾向にありますが、それでも全体的には素直に纏まっています。翌日に持ち越すと、酸以外の要素がやや減衰し、相対的に酸によりスポットが当たる傾向にはありますが、それでも食事とともに合わせるのであればそれほど問題はなさそうです。

価格帯が上のレンジに位置していますが、それでも他のアイテムよりも上位の格を持っているというわけではなく、あくまでも樽を使用する事によるコストが反映された結果のようにも感じられるので、相対的にはややコストパフォーマンスは分が悪そうな印象ですが、それでも単体で飲めば十分な水準に達しているのは伝わるので、選んで失敗するようなことは特にないと思います。
(2021/06)

参考市場価格3,300円〜3,652円
点数評価--

ホーム > 日本 > 北海道 > シャルドネ樽発酵
Home > Japan > Hokkaido > Chardonnay Barrel Fermentation

Global Partners